Cool Piano(jingle)

200円
クールなイメージで作った21秒のピアノジングルです。

悲しみの中でC

500円
哀愁のシーンシーンのBGMです。実際の舞台用に制作された楽曲ですので、とても使いやすいと思います。

night dreaming

500円
夜、物思いにふけるような優しく切ないピアノ曲です。

Soft Light

700円
花の開花をイメージして作ったピアノソロ楽曲です。静かなシーンに良く合います。ネイチャー写真のスライドショー、特に氷や水などのイメージにもぴったりです。

悲しみの中でB

800円
とても悲しいシーンのBGMです。途中からぐっと盛り上がってきます。実際の舞台用に制作された楽曲ですので、とても使いやすいと思います。

悲しみの中でA

800円
とても悲しいシーンのBGMです。実際の舞台用に制作された楽曲ですので、とても使いやすいと思います。

私と彼女e(劇伴用)

800円
ドラマの展開シーン用に制作した楽曲です。劇伴用、ドラマ、自主制作映画、自主制作ドラマ、映画などにぴったりです。「私と彼女」シリーズの楽曲を通して使っていただくと、作品に統一感ができて場面転換ができます。

私と彼女d(劇伴用)

800円
ドラマの展開用に制作した楽曲です。劇伴用、ドラマ、自主制作映画、自主制作ドラマ、映画などにぴったりです。「私と彼女」シリーズの楽曲を通して使っていただくと、作品に統一感ができて場面転換ができます。

私と彼女c(劇伴用)

800円
ドラマの展開シーン用に制作した楽曲です。劇伴用、ドラマ、自主制作映画、自主制作ドラマ、映画などにぴったりです。「私と彼女」シリーズの楽曲を通して使っていただくと、作品に統一感ができて場面転換ができます。

出逢い

900円
美しいメロディーが映像を引き立てます。プロフィール紹介、過去を振り返る映像、川のせせらぎなど様々なシーンでお使いいただけます。LOOP処理済みですので、無限に繰り返し可能です。

あの日、あの時、あの場所で。

1,000円
フルートのメロディーが心地よいピアノ伴奏のさわやかで大人しい楽曲です。

introduction

1,000円
回想シーンやアバンタイトルなどに合いそうな哀愁漂うピアノと弦楽器の劇伴曲です。

disease

1,000円
静かに病床について木枯らしの吹く窓の外を眺めているような、冷たく寂しいイメージの楽曲です。

iacta shrine

1,200円
海の中に沈んでいる神殿をイメージした楽曲です。水の中のシーンやきれいな海などのスライドショーなどにどうぞ。

戦いの果てに

1,500円
ドラマ、舞台の悲惨な戦闘シーン向けの曲です。実際の舞台用に制作された楽曲ですので、とても使いやすいと思います。

頑張れ/Passing Point

1,500円
ピアノと男性ボーカルのマイナーバラードです。傷ついて落ち込んでいる友人に向けて力強く歌い上げた応援ソングです。

サラサーテ/ツィゴイネルワイゼン Violin only 生演奏

1,500円
有名なチゴイネルワイゼンの冒頭をバイオリンの生演奏で多重録音しています。ショッキングな場面にぴったりです。

Quiet room

1,500円
昼ドラ風の悲壮感が漂う楽曲です。ピアノで悲しい雰囲気を表現しています。ドラマ、演劇のBGMにもぴったりです。この楽曲はLoop素材です。つなぎ合わせると尺を無制限に延長できます。

2,000円
ノスタルジックな雰囲気の琴を使った楽曲です。

時代の音

2,000円
宗教的な雰囲気もありつつ、エレクトロニカ的な要素も含んだ曲。クラシックの要素と現代的なリズムを併せ持つ独特な雰囲気を持っています。

2,000円
ピアノと琴で雪が積もる北国をイメージした和風の楽曲です。雪や氷の寒いシーンによく合います。

一人の街角

2,000円
静かなダンスビートですが、忙しい街角で一人で佇むような少し孤独感のある曲です。

きらびやかな忘却

2,000円
ファッションショーのクールな場面で似合いそうな曲。メロディーは入れずにクールな雰囲気を保つようにしました。

離れてても/BOOSTAR

3,000円
女性ボーカルのラブソングです。遠距離恋愛の会いたくてもなかなか会えないせつない気持ちを壮大なバラードに乗せて歌い上げています。

荒城の月(馬頭琴生演奏)

3,000円
滝廉太郎の名曲を馬頭琴で生演奏しています。物悲しい雰囲気の映像にぴったりです。

darira-lira

3,000円
重みのある女性ボーカルのカントリーロックです。英語で歌っています。

Don't Kiss Me

3,000円
女性ボーカルのR&B調のポップバラードです。切ない女性の気持ちを歌っています。
▲トップへ戻る